仙台観光、格安ホテル宿泊予約、おいしい牛タンや、松島旅行、秋保温泉めぐり、仙台のことなら何でもわかる!Sendai travel guide

仙台観光なら仙台しろうドットコム

mkankou

伊達政宗、松尾芭蕉が愛した日本三景松島

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」で始まる奥の細道。
松尾芭蕉がその冒頭で「松島の月まづ心にかかりて・・・」と記したことはあまりにも有名です。
青々とした海原に散らばる白色と緑色の宝石のような小島。 まさに日本三景にふさわしい景色です。

 仙台藩主、伊達政宗もこの松島をこよなく愛した一人です。
伊達家の菩提寺となっている瑞巌寺や五大堂、「松島の月」を眺めた観瀾亭など桃山文化の粋を集めた建築や眺めも見逃すことは出来ません。

 東日本大震災時の津波も数多ある島々にその力を弱められ、松島には大きな被害をもたらしませんでした。


↓図をクリックすると大きな画面でご覧になれます。(大画面右上×で戻れます)
松島観光地図

松島遊覧船観光

波穏やかな凪の湾に、仁王島、双子島など大小260余りの松の小島が浮かぶ風光明媚な松島の景色。
 
安芸の宮島、丹後の天橋立とともに「日本三景」のひとつに数えられる松島は、はるか昔から都人の憧れの地であり、松尾芭蕉をはじめ、いくたの俳人・歌人が松島の景観を詠んでいます。

上記地図中央、観瀾亭と五大堂の間にある中央観光桟橋より松島湾内一周コースが出ています。
仁王島などの名所を約50分かけて一周するコースが一番のおすすめです。

観光桟橋すぐ脇の松島海岸レストハウス内で乗船券がお求めになれます。

航路  : 松島発着湾内一周 仁王丸コース
所用時間: 約50分
運行時間: 10:00~15:00まで毎時00時
料金  : 大人1,500円、子供750円

詳しい情報は こちらの観光船のHPをご覧ください!

↑のリンク先に、ちょっとお得に遊覧船に乗れるご案内があります♪

松島の遊覧船

☆こどもも大人も楽しめる情報
観光遊覧船でうみねこに直接エサ(かっぱえびせん等)をあげる方法です。
方法は簡単!船の脇(左舷か右舷)から手を伸ばしてエサをあげればOK!
船尾からエサをあげると船体が邪魔でウミネコは近くまで来れませんが、船脇からエサをあげれば、遮るものがないので直接手からエサを持っていってくれます
あまり身を乗り出しすぎて船から落ちないように気をつけてくださいね。

平成26年からウミネコのふんによる松枯れ被害により餌付けが禁止になっています!


松島史跡・名勝・レジャー施設めぐり

瑞巌寺(ずいがんじ)

参道にある千手観音

うっそうとした老杉に囲まれた参道を進んだ奥に建つ慈覚大師創建の東北随一の禅寺にして伊達家の菩提寺です。

現在の建物は1609年(慶長14)政宗が紀州や京都から宮大工を招き、熊野山から良材を取り寄せ、5年の歳月をかけて完成させた桃山様式の粋を集めた建物で、極彩色の襖絵や彫刻がいたるところに施されており、本堂や庫裏は国宝に指定されています。

瑞巌寺境内には伊達政宗公ゆかりの臥龍梅(がりゅうばい)という有名な梅の木があります。 八重咲きで「臥龍八房」の異称があり、伊達政宗が文禄の役の際に朝鮮より持ち帰ったと言われています。

中門より入って左が「白梅」、右に「紅梅」が植えられており、紅白に並んだその姿が「臥せた龍」に似ているところから「臥龍梅(がりゅうばい)」と名づけられました。 4月中旬位が見ごろです。

庫裡と本堂

また、瑞巌寺では毎年、8月6日~8日の午後7時から9時まで瑞巌寺の参道や円通院、天麟院をロウソクの灯火で飾る荘厳な闇の世界のイベント「瑞巌寺灯道」があります。 尺八の音色に、吊り灯籠など内容が盛りだくさんです。

仙台七夕観光(8/6~8)の折にはぜひとも立ち寄ってみてくださいね。

  • 拝観料 :大人700円、小・中学生400円
  • 時間  :8:00~17:00(3,10月は~16:30、2,11月は~16:00、12,1月は~15:30)
  • 休み  :無休
  • 駐車場 :なし(町・県営駐車場などを利用してください)

*現在、平成の大修理中です。
*平成28年4月より本堂の拝観が再開されました。

円通院(えんつういん)

画像の説明

円通院は瑞巌寺に隣接した臨済宗のお寺で、夭逝した伊達政宗の嫡孫伊達光宗の菩提寺です。
本堂からさらに奥まった所にある光宗の霊廟三慧殿内には壮麗な家型厨子が安置してあり、その主扉には支倉常長がローマから持ち帰ったバラが描かれていることから薔薇寺とも呼ばれています。

また円通院には、約350年前につくられた、心字の池と補陀落山を表した石庭があり、この庭は伊達藩江戸屋敷にあった小堀遠州(江戸時代初期の著明な作庭家)の庭を移設したものといわれています。
紅葉の時期のライトアップは見ごたえがあります。

もうひとつの楽しみは、この寺の本堂での数珠作り体験。
子供向けのプラスチックからご祈祷済みの天然石まで大小さまざまな数珠玉が用意されており、作り方から石の効能まで丁寧に教えてくれます。

  • 拝観料 :大人300円、高校生150円、小中学生100円
  • 数珠作り:1,000 ~ 8,000円(拝観料は無料になります)
  • 時間  :8:00~17:00(12~3月は9:00~16:00、体験受付は9:00~15:00)
  • 休み  :無休
  • 駐車場 :なし(町・県営駐車場などを利用してください)

五大堂(ごだいどう)

松島五大堂

松島を象徴する代表的な建物です。

807年(大同2)、坂上田村麻呂が東征の折りにこの地の風景美に魅せられて建立し、後に慈覚大師が瑞巌寺(当時は延福寺)開基のおりに、五大明王像を安置してから五大堂といわれてきました。

現在の建物は、伊達政宗が1604年(慶長9)に改築したものです。

  • 拝観無料
  • 駐車場 :なし(町・県営駐車場などを利用してください)

観瀾亭・松島博物館(かんらんてい)

観瀾亭

松島海岸月見崎の突端にあり、伊達政宗が豊臣秀吉から拝領した伏見桃山城の茶室を、二代藩主忠宗が原形のまま移築した建物です。

別名月見御殿といわれ、歴代藩主や幕府巡検使のお休み処でした。

外観は簡素ですが、室内の狩野山楽筆の障壁画は国の重要文化財で一見の価値あり、縁側の正面には松島の眺望が広がっています。

こちらでは抹茶セット(400円~)などのスイーツもいただけますので、一句ひねってみてはいかがでしょうか。
ちなみに「観瀾」とは月の光に照らされた波を見るという意味です。

  • 入館料 :大人200円、高・大学生150円、小・中学生100円
  • 時間  :8:30~17:00(11~3月は~16:30)
  • 休み  :無休
  • 駐車場 :なし(町・県営駐車場などを利用してください)

雄島(おしま)

雄島

朱塗りの渡月橋で接していて、島内には多くの小窟があり、諸国の僧侶・巡礼が修行した場所として名高い。

島には22年間、島から一歩も出ずに修行した頼賢をたたえた日本三古碑のひとつといわれる「頼賢の碑」(1307年建立)をはじめ、芭蕉・曽良の句碑の他にも有名無名の碑がいたるところに建っています。

福浦島(ふくうらじま)

福浦島

五大堂の沖に浮かぶ島で、陸地とは全長252mの朱塗りの橋(福浦橋)で結ばれています。

自然植物園の指定を受けた島には、250種類余りの植物が自生しており、一周30分程の散策路があって楽しめます。

  • 橋を渡るのに高校生以上200円、小中学生100円かかります

松島を眺める展望台

松島を眺める展望台には東西南北から眺める四大観、西行戻しの松公園、双観山などがありますが、どこも車がないと不便なところばかりです。

昔は山に登らないと俯瞰できなかった松島の展望も、現在では高層ホテルの最上階から展望できるようになりました。
(管理人一番のお勧めは一の坊の展望露天風呂から眺める松島の日の出でしょうか)

松島四大観

東西南北、角度の違った展望地から眺める松島は、それぞれ個性的で趣のある表情を見せており、その印象を現す名称で呼ばれています。

  • 富山(とみやま)    麗観
  • 大高森(おおたかもり) 壮観
  • 扇谷(おおぎたに)   幽観
  • 多聞山(たもんざん)  偉観

*車でお越しで、しかも時間に余裕があれば、大高森から眺める360度の大パノラマ、特に松島の夕景はおすすめです♪

↓図をクリックすると大きな画面でご覧になれます。(大画面右上×で戻れます)
松島四大観
松島四大観

西行戻しの松公園(さいぎょうもどしのまつ)

西行法師が諸国行脚の折り、松の大木の下で出会った童子と禅問答をして敗れ、松島行きをあきらめたという由来の地。

この公園の一帯は桜の名所で、その時期には展望台から桜と松島湾の景色が一体となった花見が味わえます。

双観山(そうかんやま)  

仙台から車で来ると松島海岸の手前に突き出ている岬の丘。

公園として整備されている頂上の展望台からは、塩釜湾と松島湾の双方が望めることから、 双観の名前がつきました。

マリンピア松島水族館

懐かしいマリンピア松島水族館

2015年5月で閉園となりました
仙台うみの杜水族館をお楽しみください

松島海岸駅前すぐにある水族館で、約300種類の魚類やラッコやパンダイルカ(イロワケイルカ)などの海に住む哺乳類が見られます。 子供から大人まで楽しめる愉快なアシカのショーもあります。 うちの子供はペンギンのお散歩にはまりました。

遠足でも行った懐かしい場所なので残しておきます。

みちのく伊達政宗歴史館

画像の説明

250体を超える等身大のロウ人形を展示し、戦乱の世に生きた英雄伊達政宗の波乱万丈の生涯を25の場面に分けて今に再現しています。
騎乗の政宗像は、まさに今にも走り出しそうな迫力です。

併設する「みちのく偉人館」では、棟方志功、宮沢賢治、野口英世など、東北が生んだ偉人50名のロウ人形を展示しています。

ドラマや映画の甲冑を製作している職人が手掛けた、政宗公の甲冑「黒漆五枚胴具足」の着付け体験が大人や子供に大人気です。

こけしやコマの絵付け体験もできます。

  • 入館料 :大人1000円、小・中学生500円
  • 時間  :9:00~17:00
  • 休み  :無休
  • 駐車場 :あり

藤田喬平ガラス美術館

画像の説明

「海とガラスと庭園のミュージアム」をテーマとするガラス美術館。 平成9年文化功労者に選ばれた藤田氏の作品を常時100点展示しています。
有料と無料の入り口があり、有料に入る場合は受付で券を買いますが、無料の場合はそのまま入れます。

有料の方は、藤田氏の有名な作品(ベネチアンガラス、箱形の作品)が見れます。 スクリーンで藤田氏が製作している様子なども上映しています(15分位)

無料の方には、カフェとショップがあり、ショップでは、主に、とんぼ玉やサンキャッチャーなどのガラスのアクセサリー、食器が売ってます。
右下の写真は毎年お盆の時期に行なわれるガラス工芸体験(¥3500)で造ってきた吹きガラスのコップ(友人作)
Web割引サービスはこちら!

  • 入館料 :大人1000円、小・中・高校生500円
  • 時間  :9:30~17:30
  • 休み  :定休日:9/4~9/5
  • 駐車場 :あり

ザ・ミュージアムMATSUSHIMA

東日本大震災による被害が大きく閉館していた「松島オルゴール博物館(ベルギーオルゲールミュージアム)ですが、2016年9月2日リニューアルオープンいたしました。

館内には、地震の揺れで不具合が出ていた、縦7メートル、横9メートルある、世界最大級のオルゴールなど約60点が修復され演奏を聞くことができるようになっています。 また博物館には、新たに50年ほど前のおもちゃ『北原トイコレクション』やアンティークドレス『瀬川モードコレクション』の展示も加わりました。

公式サイトはコチラ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional